神奈川の賃貸物件に住むなら

東京に通勤通学する場合でも、神奈川県の賃貸物件に住むことによって生活コストを下げることができます。なぜなら、都心で部屋を借りるよりも、神奈川で部屋を借りた方が安くて広い所に住めます。そして、スーパーでの野菜や肉などの物価も東京よりも安いです。たとえば、田園都市線の急行が停まる駅の長津田やあざみ野やたまプラーザなどに住めば、渋谷までは乗り換えなしで行けます。みなとみらい線と東横線を使えば、横浜駅から渋谷や自由が丘までは行きやすいです。電車通勤や通学は満員だとストレスになってしまう反面、会社の資料や本を読んだり英語の音声のリスニングをするような勉強の時間にあてられるというメリットがあります。通勤時間が短くなって本を全く読まなくなったという人も多いので、あえて神奈川をベッドタウンとして使うのはとても有効です。1時間だとちょっと長いですが、30分程度の通勤通学であればむしろ時間を有効に使えるようになります。